the id is 11953

セブで活躍する国際協力団体ってどんなものがあるんだろう?

Pocket

初めまして!今日から新しくライターになりました、「タク」です!
プロフィール紹介は次回以降行います!

さて、筆者は学生時代セブに何度も渡航して、NGOの職員として様々な活動を行ってきました。その中で様々な素敵な団体の方とお会いしてきました。

NGOとは「Non Governmental Organizations」の略称で、一般市民が社会貢献活動を行うことを指します。特に日本では、社会貢献活動を行う団体を総じてNPO「Non Profit Organization」と呼び、その中でも国際協力活動を行う団体をNGOと呼ぶことがよくありますね。


ちなみに海外では社会貢献を行う団体を総じてCSO「Civil Society Organization」と呼ぶことのほうが一般的なようです。今回はCSOとしてまとめていきます。

3

セブでもCSOの活動は活発で、世界中の団体が活動しています。筆者は2年前、カナダの団体と活動を共にしたこともあります。

今回はその中でも日本人のCSOの活動を紹介したいと思います!

NPO法人プルメリア

筆者が学生時代最もお世話になった団体です。
プルメリアさんは、フィリピンの青少年及び教育関係機関や日本国の青少年・中年・シニア層に対して、教育に関する事業を行い、教育レベルの向上などを目指すことにより、国際交流・発展に寄与することを目的としています。

プルメリアさんは現地にも拠点を持っていて、筆者の友達もインターンさせてもらったりしています。特に代表の方のブログはCSO活動のリアルな状況が書かれていますので、一読されると良いかと思います。

ちなみにプルメリアはセブでもよく見る南国の花の名前で、スパなどでもよく見かけますので、探してみると楽しいかもしれません!

5

NPO法人セブンスピリット

こちらもとても素敵な団体です。
セブ島の子ども達にクラシックコンサートを届けるUUUプロジェクトを展開されています。
チーム名のUUU(トリプルユー)は「Music Unites the World」、UとWの中にある3つのUからとったもので、活動の目的はフィリピン・セブ島の子ども達にクラシック音楽に親しむ機会を提供すること、日本とフィリピンの音楽家同士の文化交流を促すことです。

またスポーツによる教育活動も行っていらっしゃいます。
幼少期に適切な環境と運動刺激を与えることによって、人間として一生涯で行う様々な運動を誰でも身につけることが可能となるそうで、ライフスキルの育成はもちろんのこと、子ども達が適切な指導を受け、スポーツを楽しめるような環境作りを行い、子どもの健全な育成をサポートしているそうです!

 4

NGO FEST (日本語サイトはこちら
最後は筆者が学生時代に作ったFESTです。
主に東京と広島に拠点を持ち、地域の住民の自発的な活動によって、
貧困からの脱出を目指す活動を行っています。

今年の8月も40人前後の学生がセブ島にやってきて、1ヶ月以上活動を行っていました。特徴的なのは金銭や物資の支援を目的とせず、地域の住民と数多くの集会を行うことで地域の問題を把握し、その解決を住民自身が行える仕組みを整えたり、一緒に考えていくスタイルで、この支援の方法は一般に「参加型開発」と呼ばれています。

6

このようにセブでは、日本人のCSO活動が活発に行われているんですね!

今回は3つの団体を紹介しましたが、他にも沢山の団体が活動をしているので、機会があればまた紹介してみたいと思います。

今後は週2回ほど登場しますので、よろしくお願いします!

(タク)


Pocket

Taku

ライターについて:

大学時代に複数回セブを訪れ、NGOを設立しセブ島内で主に活動。卒業後は日本で教育営業職に就くが、セブの魅力に取り憑かれ現地旅行会社に転職。現在は同社のマニラ支店を立ち上げマニラに移住後、ブログ「20代の海外就職論!」や「W.W.J Project」などを通して海外で働く情報を現地から発信中。