the id is 11775

セブで日本からの国際郵便を受ける時はどうすれば良いの?

Pocket

海外にいる家族や友人に荷物を送りたい時に役に立つのが国際郵便ですよね。

日本では日本郵便による国際スピード郵便(EMS)のサービスが提供されているので、知っている方も多いかと思います。郵便は宛先の住所に送られてくるのが普通の考えで、それは海外でも同じです。

しかし、フィリピンでは少し違っていて、宛先に書かれた街には届くものの家までは届けてくれない難点があります。この事を知らずそのまま待ち続けてしまうと一向に荷物が届かないので、どうやればEMSでの荷物を受け取れるのか、チェックしてみましょう!



EMS(Express Mail Service)とは日本郵便が提供する海外スピード郵便のこと。サービス名にも書いてあるように、速いスピードで海外に品物を送ることが出来ますが、国や地域によってまちまちになってくる場合があります。

IMG_3301

フィリピンもその一つ。EMSについては現地の郵便局であるフィリピン郵便(PhilPost)が提携を行っていますが、郵便物がその地域や街にある郵便局には届くはものの、家やオフィスまでには送ってくれません。

日本と違って思わず驚くかもしれませんが、どの国際郵便もフィリピンの郵便局で止まってしまうので、自ら郵便局で受け取る必要があるのです。

この事を知らずに待っていても、ずっと届かないだけなので、日本などから送られた国際郵便を手元までちゃんと届くようにするにはどうすれば良いのでしょうか?少し見てみましょう!

日本から郵便が送られた場合、「2日程度で到着」と言われます。確かに日本からフィリピンへ送られる期間がそのくらいになりますが、住所に書いてある近くの郵便局に届くまで3日くらい掛かる場合があるので、実質5−7日間の間に届くことが多いです。

IMG_3295

郵便物の認識番号トラッキングコードが発送者に渡されると思うので、あらかじめ聞いておいて番号を控えておきましょう。

ちなみにEMSだと日本郵便のサイトからトラッキングコードで現在の状況を確認できるので、先にチェックしておくとベストです。「保管」となれば無事近くの郵便局に届いたことになります。

tracking

郵便局についてですが、書いてある住所の街にある郵便局になります。筆者の場合はマボロ地区なので、セブシティの郵便局での引き渡しになります。もしマクタン島だったらラプ=ラプ市郵便局、マンダウエ市であればマンダウエ市郵便局になります。

セブシティの郵便局はサンペドロ要塞のちょうど後ろにあります。

037-1024x768

セブシティの郵便局の場合、まず先に郵便局の後ろにある倉庫の方に行って、係の人もしくはガードマンの人にトラッキングコードを紙に書いて渡します。

IMG_3299

 

IMG_3297

そうすると、紙には整理番号の様なものが書かれるので、そのまま郵便局の30番カウンターへ向かいます。

IMG_3298

身分証のコピーを渡す必要があります。郵便局内のコピーエリアでコピーすることが出来ますが、あらかじめコピーしたものを持ってくると便利です。身分証には運転免許やパスポートであれば大丈夫です。そして身分証のコピーは返されません。

IMG_3296

後は手数料である50ペソ(約120円)を支払えば無事に郵便物を受け取ることが出来ます。

国際宅配に比べて安く利用できる国際郵便(EMS)ですが、時間がかかったり、受け取るのにわざわざ郵便局へ行く必要があるデメリットがあります。現在は前に比べて良くなってきましたが、紛失や盗難などの被害も出てくる場合もあるので、少し注意が必要です。

IMG_3303

早めに、確実に荷物を送りたいという方はFedexUPSなどの国際宅配便を利用するとベストかもしれませんが、急ぎの荷物ではなかったりする方はEMSを利用してみるというのも良いでしょう!

ちなみにフィリピンから日本へ荷物を送る方法もエキサイトセブで紹介してあるので、お土産や購入した服などを飛行機ではなく郵便で送りたいと思う方は、合わせて読んでおいてくださいね!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。