the id is 11801

Café Sarree(カフェ・サリー)で上品な食事を楽しんでみよう!

Pocket

仲の良い友人との食事は楽しいもの。行きつけのお店も悪くはないけど、お金がある時などはもう少し豪華な料理を楽しんでみたいと思う時はありませんか?

セブ島の夜景を楽しめるラテゴラ・ブサイ店や地中海料理を楽しめるアバカなどのレストランもありますが、アクセスが少々面倒であったり、価格が少し高かったり、カップル向けだったりします。

女性同士でも楽しめるオシャレで少し豪華な食事をしてみたいと思う方にオススメなレストランのCafé Sarree(カフェ・サリー)があるので、チェックしてみましょう!

 



このカフェ・サリーはセブ州政府庁舎が近くにあるエスカリオ通りに位置する商業エリアのエスカリオセントラル・モール(Escario Central Mall)の中にあります。

cafe-saree-interiors

2階建ての店にはモダンで綺麗なデザインとなっており、非常に親しみやすくで落ち着いた雰囲気を持っています。長いテーブル、大型の鏡、ランプなどが吊るされてあったり、上品なデザインでもあるので、まるでハイエンドなホテルでのレストランを楽しんでいるような気にもさせてくれます。

このレストランの名前には「カフェ」が使われていて、思わずコー匕ーをメインに提供していると思いがちですが、このレストランには数多くの料理を提供しているのです。

cafe-saree-food

中でもフィリピン料理であるアドボをオシャレな感じにした、ランプアドボ(Lamp Adobo)アドボフレーク(Adobo Flakes)はこのお店でもベストセラー商品で味が程よく染みこんでおり、とても美味しいです。

cafe-saree-lamp-adobo

他にも、スタイルグレーズド・ベリー(Style Glazed Belly)サルピカオ(Salpicao)チキンチリ・バーデ(Chicken Chili Verde)ホワイトフィッシュ・ランチェラ(White Fish Ranchera)などの料理もオーダーしてみましたが、どれも満足できる料理でした!

cafe-saree

ディナーだけではなく、朝食メニューも時間問わず提供しているのが良い所。ソーセージをオーダーしてみましたが、とてもジューシーになっていました。

cafe-saree-sausage

オシャレな料理を提供しているカフェ・サリーですが、ここで提供されているメニューはどれも1品あたり200ペソから500ペソ(約450円から1100円程度)なので、そこまで高く無いと感じると思います。味にも価格以上に満足できると思うかもしれません!

お店のメニューにはこんな事も書いてありました。

Our mission is to provide finest comfort foods by using the highest quality ingredients, most of which are sourced locally. We take delight in the fact that we’ve crafted our dishes with specific individuals in mind: those who share a passion for good food just like we do.

 

– 私達のミッションは地元で作られた最高品質の食材を使って、上品で安心感のある料理を提供することです。多くの人達が料理の情熱を色々な人達に共有するように、私達もやってくるお客さんのひとりひとりが喜んでくれるような料理を作っています。

 

オシャレで上品な料理を提供しているカフェ・サリーはアクセスもしやすく、アヤラモールからでもタクシーで10分くらいです。ショッピングを楽しんだ後にこのお店で夕食を楽しむというのも悪くはないので、利用してみてはいかがですか?

(Shaira Berame / 訳:MIKIO)

[ Zerothreetwo | Superb Dining At Café Sarree ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。