the id is 11503

セブ島にあるコーヒーショップはどこがベストなのだろう?

Pocket

観光やショッピングを楽しんだ後に少し休憩したいと思うはず。エアコンが効いてて、座れて、そして乾いた喉を潤せる場所といえばコーヒーショップがありますよね!

セブ島には数多くのコーヒーショップが点在していますが、色んな所に店を構えている有名なものから、お店が1つだけあるマイナーなものまで色々あります。

以前、エキサイトセブではローカルの人達が選ぶコーヒーショップベスト9を紹介して来ましたが、今回はセブシティで見つけられる人気のコーヒーショップを詳しく評価してみました!



セブ島には数え切れないほど色んな種類のコーヒーショップがあります。面白い内装のものや、美味しいデザートを提供しているものセブシティの夜景を楽しめるものまで多くあり、色々な特色を持っています。

そのため人それぞれ色んな好みがあると思うのでどのコーヒーショップがベストなのか判断しにくい部分がありますが、今回ご紹介するのはセブシティやモールなどで見つけられる有名なコーヒーショップを紹介したいと思います。

日本人観光客も良く利用するコーヒーショップなので、観光の他、仕事や勉強で利用してみたいと思う方はチェックしておくと良いですよ!

セブ島にある有名なコーヒーショップはスターバックス、Bo’s Coffee、Coffee Bean&Tea Leaf、Figaro、Coffee Dreamの5つがあります。どれもモールやITパークで見つけられるもので、2店舗以上あるものが多いです。

商業エリアの近くにあることが多いので、観光、ショッピングの後や勉強、仕事で利用する方も多いと思いますが、どのコーヒーショップがベストなのか評価してみました!

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)

Starbucks Strawberries & Crème Frappuccino

アメリカのシアトル発祥のカジュアル喫茶店のスターバックスは日本でもある誰もが知っているコーヒーショップです。セブ島にはマクタン島のマリーナモール、セブシティのアヤラ、SMモール、ITパークなど色んな商業エリアで見かけることが出来ます。

セブ島にあるスターバックスは緑と茶色をふんだんに使った落ち着いた雰囲気を持つ内装と、心地良いソファーで時間を過ごすことができます。ドリンクの種類も多く、スイーツは美味しいです。期間限定メニューがあるというのも良い事。

kate nash:nicest thing

ただ、メニューの価格が他のコーヒーショップよりも高めになっているのと、フリーWIFI(1時間60ペソ)が利用できないデメリットがあります。その代わり仕事や勉強に集中したいという方にはオススメ出来る理由の一つとして、他のコーヒーショップより簡単に席をとれるのと、コンセントが多く用意されています。

Bo’s Coffee(ボス・コーヒー)

1996年にセブ島から進出したコーヒーショップ。アヤラ、J-センター、SMモール、ITパークなどにお店があり、セブ島にあるコーヒーショップの中で一番店舗数が多いです。

One warm afternoon...

黒と茶色の配色が施された内装で、独特なカジュアルな雰囲気があります。ここで提供されているコーヒーは若干にがめですが、キレのある味なので、勉強や仕事に集中したいと思う方にはオススメです。アイスブレンドのFroccino(フロチーノ)シリーズやノンコーヒードリンクも美味しいです!

ゲストには2時間のみWIFIを無料で利用することが出来ます。去年までは時間制限無しで利用できていたのですが今年になってから変わったようです。でも比較的安定しているので、ここで紹介するコーヒーショップの中ではベストです。

ただ、コンセントと空いている席を見つけるのが難しくなってきます。友人らで来るよりかは一人で利用すると良い時もあります。

Coffee Bean&Tea Leaf(コーヒービーン&ティーリーフ)

Sweating water

アメリカのカリフォルニアから来ているコーヒーショップで、オーストリアの他、マレーシアやシンガポールなどの東南アジアにも進出しています。名前が長いため、「コーヒービーン」や「CBTL」として略されることが多いです。

コーヒービーンで提供しているドリンクはセブ島のコーヒーショップの中でもベストだったりします。当たり外れもありますが、大抵の場合はコーヒーも苦くなく、コーヒー以外のドリンクでも美味しいものが多くあります。価格もスターバックスより安めだというのも良い所。

Cappuccino by Coffee Bean

コンセントやフリーWIFIを無制限で利用することが出来ますが、WIFIを利用する方はコーヒービーンのカードが必要になります。価格は200ペソ(約450円)ですが、カードをなくさない限り永遠に利用することができます。ポイントカードにもなっているので、ポイントが貯まればその分のメニューを購入することができます。

ただ人が多いのと、クーラーが弱いので暑く感じるかもしれません。WIFIに関しても安定して利用できない時も少なからず起こります。

Figaro(フィガロ)

Chocolate Cookie Coffee by Figaro

1993年にマニラで出来たコーヒーショップ。フィリピン全土の他、マレーシア、サウジアラビア、中国、パプアニューギニアにも進出しています。セブ島にはアヤラモールとITパークにしか無いので、ここにあるコーヒーショップの中では店舗数が一番少ないです。

Oscar Cake and Frappuccino

丸いテーブルや背もたれがクッションのような椅子が使われています。コーヒーなどのドリンクは他のコーヒーショップよりも安く、アメリカーノが一番美味しいとか。ただ、カフェラテをオーダーするとシュガーシロップが入っているので、甘いのが苦手な方はあまり好まないかもしれません。

料理のメニューも美味しいものを多く揃えていますが、量が少ないのと価格が少々高めという部分があります。

フリーWIFI、コンセントも多く用意されていて仕事や勉強にはオススメです。WIFIに関しては少し不安定だと思うこともあるかもしれません。特にITパークのお店は全くインターネットに接続できないということもあります。

ただ人がコーヒービーンやBo’s Coffeeに比べて少ないので、簡単に席をとることが出来ると思います。

Coffee Dream(コーヒードリーム)

cd2

Bo’s Coffee同様、セブ島発祥のコーヒーショップセブ島でも2番めに店舗数が多いです。

ロゴでも使われている雲と水色をお店で多く使っており、他のコーヒーショップより明るい雰囲気を持っています。ゆっくり出来るソファーなどもありリラックス出来るようになっています。

cd

ここで提供されているドリンクなどのメニューはどれもちょうど良く、価格もあまり高くなく標準的です。フリーWIFIやコンセントも提供しているので勉強や仕事をしたい方にもオススメです。

一つ難点が他のコーヒーショップよりもアクセスのしにくいエリアにお店があるということです。パークモール、SMモールやベネディクト大学にありますが、オープン型のお店であったりします。

 

以上、セブ島で人気のある5つのコーヒーショップを紹介して来ました。シーズンや近い将来変わってくると思いますが、4年程度色んなコーヒーショップを利用してきた自分の感想だと、このような感じになりました。

人気のあるコーヒーショップでも他のお店にないようなメニューやサービスがあったり、好みが変わってくると思いますが、どのコーヒーショップに行っても楽しめると思うので、自分に合うコーヒーショップを見つけてみてはいかがですか?

 

(MIKIO)

 


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。