the id is 11339

クラブを楽しんだ後にサッパリしたギリシャ料理を食べてみる?- My Greek Taverna

Pocket

土曜日です!週末のセブシティはナイトクラブが盛り上がります。

中でもマンゴーアベニューの週末は多くの人がやってくるので、セブ島のナイトライフを楽しんでみたいと思う方は是非チェックしてみるべきだと、エキサイトセブの記事でも度々紹介して来ましたよね!

いっぱい飲んで踊って楽しんだ後は、寝る前に美味しい食べ物を食べたいと思うのも。サッパリとして意外にガッツリしたメニューを食べれるギリシャ料理店My Greek Taverna(マイ・グリーク・タベルナ)というお店を見つけたので、実際に行ってきました!



ギリシャ料理と言えばケバブにトマトやレタス、そしてクリーミーなソースが掛かったドルネケバブを思い浮かぶ人も多いかと思います。野菜が多く入っており、味付けもサッパリとしたものなので、健康的で結構ガッツリ食べられるようになっていますよね。

IMG_2807

ドルネケバブは別名、シャワルマ(Shawarma)とも呼ばれ、アヤラモールなどの出店で購入することができます。本格的なギリシャ料理を楽しめるレストランもセブ島に何件かありますが、今回ご紹介するのはそこまで高くもなく、手軽に本格的なギリシャ料理を楽しめるお店です!

このお店の名前はMy Greek Taverna(マイ・グリーク・タベルナ)で、AlchologyJ-AvenueなどのナイトクラブがあるOne Mango Avenue(ワン・マンゴーアベニュー)という商業エリアにあります。

IMG_2799

入り口にこのような青い看板があるので、すぐ見つけられると思います。

IMG_2800

プラスチックの椅子とテーブルがあり、そこで座ったり、調理エリアの周りにはカウンター席があるので、一人でも楽しめるようになっていますね!

ここではドルネケバブはもちろん、ピタやケバブライスなどが用意されています。どのメニューの価格も大体85-185ペソ(約250-370円)程度で購入できるので、そこまで高くないです。

こちらはピタ。価格は85ペソ(約190円)

IMG_2803

アツアツの状態で出てくるので、やけどに注意が必要です、ティッシュを使って掴むと良いかもしれません!

IMG_2805

ピタにはソースであるフムスとタマネギ、トマトを付けて食べます。アピタイザーにもオススメです。

IMG_2804

こちらはドルネケバブ。小さめのファンサイズで85ペソ(約180円)、大きめのフルサイズは185ペソ(約370円)になります。

IMG_2811

フルサイズをオーダーしてみましたが、このように結構量があります。ガッツリではなく小腹が空いた方は小さめのサイズをオーダーしておく方がベストです。

IMG_2812

そしてベジタリアンピタ。価格は185ペソ(約370円)です。

IMG_2808

その名の通り、野菜中心のピタで肉は一切入ってません。

トマトやレタス、タマネギが入っておりサッパリしたソースは食欲を注ぎます。野菜だけなのに、結構量があるので、これだけでもお腹いっぱいになりそうです。

IMG_2809

最後はケバブライス。大きいサイズで180ペソ(約365円)。写真がボケててよく見えないですが、ドルネケバブでピタを使う代わりにご飯で絡めたものです。卵焼きが付いているので更に美味しくなっていました!

IMG_2813 IMG_2814

なので、中にはドルネケバブとほとんど同じ食材が入っています。ドルネケバブと同じ価格なのに量がこちらの方が多いので、欲張りな方にもオススメです。味もご飯を使っているので、非常に美味しくなってましたね!

食べ物の他に、他の売店ではそう簡単に見つけられないドリンクを発見しました。それはコカコーラのチェリー味。

IMG_2802

日本のさくらんぼと違いアメリカンチェリーを使っているので、ユニークな味ですが、好きな人には好きかもしれないので、まだ飲んだことがない方はチェックしてみてください。

ナイトクラブのすぐそばにあるので、小腹が減った時にはオススメのお店ですが、夜になると少々スリなどが起こるエリアでもあるので、むやみに携帯電話を取り出さないようにしておくと良いでしょう。

でもこのお店でオーダーした料理はどれも美味しく、何より価格が安くなっているので、マンゴーアベニューに来たら試しておくと良いですよ!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。