the id is 10261

セブで健康を保つには?[留学生特集]

Pocket

最近は留学生の勢いも落ち着いてきた、と言われています。

時期的なものかもしれませんが、最近はあまり多くの留学生を空港で見かけなくなりました。それでも日曜日の夜は沢山の語学留学生が日本からやってきています。これは月曜日が入校日だからだそうです。

そんな留学生の為に送る、「健康であるための秘訣」をお教えしましょう!

 



とはいえ、筆者はセブで腹痛により3日間入院とか何度も風邪をひいたりしている事が多かったのですが、そういう時に限って何かしらの原因が有ったものと思います。

筆者がセブで風邪を引いたりと体調を崩す時には大体原因があります。

 
  • 食事が健康的でない場合
  • ストレス
  • 疲れ
  • 衛生的でない環境に居る場合
 

これらの原因を考える事で健康である秘訣を探っていきましょう

食事が健康的でない場合

食事が健康的でない場合は、お肉ばっかり食べているような時です。確かにセブで肉料理は外せなくステーキやフライドチキン、ハンバーガーなど魅力的な料理は沢山あります。ですがその反面、野菜不足である場合になる事が多いです。

そういう時はレストランでサラダを注文してみましょう!各レストラン(ITパークや各モール内かつファーストフード以外)ではそのお店の看板と言えるような美味しいサラダを用意している場合があります。

例えばフィリピン料理が有名な「マリバゴグリル」では「チキンマンゴーサラダ」が美味しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

生で食べれるような野菜は貴重なので、名の知れているレストランでたっぷり摂取しておくと良いでしょう!また日本から「野菜サプリメント」なども用意しておくと更に安心できますね。

 

ストレスに悩まされている時

留学生は様々なストレスに悩まされる場合があります。それは勿論、仕事をしていてもそうですが、フィリピンの様な環境に不慣れな日本人にはとても大変な問題にも発展します。フィリピンの文化の違いや食事、勉強のストレスなど挙げればキリが有りませんね。そういったストレスにはどう対処すべきなのでしょうか。

答えは「なるべく考えないようにする事」「今を楽しむ事」が大切です。

勉強や生活環境等は一過性のものです。例えば、風邪を引こうが(重病は勘弁ですが・・・)、勉強で毎日10時間くらい英語漬けになろうが、それも経験の内ですよね。筆者は二回入院をした事が有りますが、個人的には「海外で入院なんて中々出来るもんじゃない」と心の隅で考えていました。(もちろん、腹痛や怪我の痛みは大変でしたけどね)

I think I'll start a new life

折角ですから海外に居る事を楽しんで、余裕ある姿勢で日々を過ごす事が大切ではないでしょうか?

 

 疲れている時

疲れている時はなるべく休むようにしましょう。疲れが体に残ったままだと、次の日やあと後になって風邪を引いたり、余計なストレスを招く恐れがあります。

セブは友人たちとお酒を飲んだり、ナイトクラブなどのナイトライフも魅力的ですが、自分の体調を考えて出陣するのが良いと思います。日本では大丈夫な状況だとしてもセブは海外です。

IMG_0719


知らず知らずの内に体に負担が掛かっています。あまり無理をせず自分の体調を考えながらナイトライフの計画や私生活の計画を立てましょう。留学生なのでしたら、無理して体調を崩す必要もありません。

少しは休息も必要です。これはセブだけでなく、どこにいても必要な事柄だと思います。

 

衛生的でない環境に居る場合

これは仕方が難しいと思います。語学学校でも日本の様な揃っていて綺麗な環境は作りづらいからです。その点、日本という国は本当に恵まれているなと筆者は1年以上の滞在経験から言う事ができます。

923358_471396899607821_1068605337_n

特にセブは空気も汚いですし、インフラも整っているとは言いきれません。あまり衛生的でない環境は、ストレスの原因にも直結しますし何より疲れを拭い去ることができません。

体を休ませる事が出来ないのは風邪の原因でもあります。従って興味本位で、そういった地域に行ったりする事はオススメしません。場合によってはその場所で日本人の適応性の無いウイルスに掛かって死にいたるケースだって無いとは限らないからです。

なるべく自分から清潔な環境を作ったり、衛生環境が整っていない場所へ行かないというのがセブで健康である秘訣だと思って良いかと思います。

 

まとめ

長々と書いてきましたが、どれも自分の経験から言える事ですし、実際にこれらがきちっと出来ていた時期は風邪はひいてなかったのです。特に日本の良い環境で育ってきた人たちにセブの暮らしは大変な部分があるのは確かですが、それすらも楽しめるような、余裕のある姿勢や気持ちの持ちようが大切だと言えます。

また、他にも自分の健康に気を付けるという点でも、体調管理というのは非常に大切です。ですので自分を管理できないのは一番危なく、そういう時に限って耐性の無いウイルスにかかったりするのです。なので、できるだけ無理はせずに最適なケア―を心がけるようにしましょう。

実際、留学生で風邪をこじらせて亡くなるというケースも実際セブでは何件か発生しているのは事実です。みなさんも体調管理には気を付けてくださいね!次回もお楽しみに!

(ひろ)

 

 


Pocket

hiro

ライターについて:

ボランティア、現地大学(サンカルロス大学)を経て、現地の旅行会社に勤める事になりました。今までの目線は変えず、フィリピン人のローカル目線、日本人観光客、セブ在住者として、ローカル記事から観光記事など幅広く記事の提供を努めさせていただきます!