the id is 9888

各旅行会社が催行している、セブ市内観光に参加してきました!

Pocket

セブ市内観光みなさんはしていますか?

観光地は少ない、と皆さんは思うかもしれません。例えば、ボホール島1日観光やダイビングの方が面白いという人も多いかもしれませんね。

それでもセブ市内には興味深いモノがたくさんあります。そこで今回は旅行会社が催行しているセブ市内観光に参加してきました!

 



先週、実は筆者の両親が来ていたのでそれに合わせて一緒にツアーに参加してきたのです。

個人的にセブ市内には半年間住んでいたので「別にいいかな?」と思っていたのですが、久々に観光客気分で参加してみると新鮮な気持ちでセブを満喫できたのでとても面白かったです。

初めはホテル.から送迎が付きます。各旅行会社のガイド(日本語の喋れるフィリピン人ガイド)が案内をしてくれます。ツアー用の車に乗りこんでツアーへ出発です!

そういえば、かつてにもセブ市内の観光地をまとめてみたページがありますのでこちらも良かったら見てみてください。また、各リンクには関連するURLが接続されているので、併せてチェックしてみてくださいね!

さて、初めに向かった場所は「サンペドロ要塞」です。こちらも詳しく特集している記事があるので、是非チェックしてみてください。筆者は約2年ぶりに中へ入ってみたのですが、やっぱり歴史を感じさせるだけあり、面白かったです。

image

次は「カルボンマーケット」を経由して「マジェラン・クロス」と「サントニーニョ教会」の見学になります。

マジェランクロスは、世界一周をしていたスペインのマジェラン一行により建てられた場所であり、フィリピンで初めてのキリスト教の洗礼が行われた場所です。天井には大航海時代のロマン溢れる壁画と歴史を見る事ができます。

image

サントニーニョ教会」はかつて特集した事があると思うので、そちらをチェックしてみてくだ!どちらもスペイン時代を思い起こさせる場所で、何か雄大なモノを感じる事ができます。

image

さて、「コロン通り」を経由して「道教寺院」へ向かいましょう。ヒバリ―ヒルズというセブ屈指の高級住宅街を抜けていきます。ここには華僑や「ガイサノグループ」のボスであるガイサノ氏が住んでいるようです。

道教寺院は華僑の人々が「セブにお参りする場所が無いから建ててしまおう!」という事で作られた寺院のようで、セブの華僑の人々にとっては非常に神聖な場所なのです。

image

道教寺院の後は昼食の時間になります。どこの旅行会社でもフィリピン料理を楽しむ事のできるレストランへ連れていくようで、その後はSMモールに連れていく旅行会社が多いみたいですね。筆者はプライベートでSMモールに行く時にツアー参加者らしい人を見る事がおおいです。

実はセブ市内には沢山の興味深い場所であったり、歴史を感じさせる場所があったりします。セブ滞在者という目線ではなく、セブへの観光客目線で考えてみると意外にも楽しめるものだったりしました。

たまには観光客気分でツアーに参加してみるのも楽しいかと思いますよ!改めて参加してみて、セブの魅力を知ったような気がしました。ガイドさんの説明も分かりやすく、楽しい時間を過ごせました。

みなさんも一度参加してみてはいかがですか?

(ひろ)


Pocket

hiro

ライターについて:

ボランティア、現地大学(サンカルロス大学)を経て、現地の旅行会社に勤める事になりました。今までの目線は変えず、フィリピン人のローカル目線、日本人観光客、セブ在住者として、ローカル記事から観光記事など幅広く記事の提供を努めさせていただきます!