the id is 9771

セブ島でナイトライフを更に楽しめる10つのコツ。

Pocket

土曜日は夜を遊ぶのに最適な日!

観光や留学で来ている方は大体金曜日、土曜日にITパークやナイトクラブに行ってお酒を飲んだりセブの夜を楽しむ方が多いと思います。エキサイトセブではナイトクラブやバーの情報、色々な楽しみ方を紹介して来ましたよね。

初めてセブの夜を楽しみたいと思う方や、もう少し安く楽しみたい方など更にセブ島のナイトライフを楽しめる10のコツをご紹介したいと思います!

 



セブ島にはナイトクラブやバーなどが点在しており、ナイトライフを楽しめるエリアが多くあります。行く所によって雰囲気や掛かる金額なども変わって来てそれぞれの楽しみ方が出来ると思います。

初めてセブに来る方や、セブにしばらく居る予定ですっかりとセブのナイトライフにハマッてしまった方にオススメする10つのコツがあるので、ご紹介したいと思います!

 

1.荷物は最低限にしておこう。

IMG_2067

行く場所によりますが、夜を楽しみたい時に荷物を持ち歩いていると、めんどくさく感じてしまいますよね。実際バーなどに行くときは大きな荷物は使わないはずなので、最低限の荷物だけにしておきましょう。

男性は財布と携帯電話があれば十分です。女性の場合は小型のバッグやポーチに必要なものだけを入れておくと良いですよ!

2. 予算は1000ペソ未満で十分。

IMG_2068

セブの夜を楽しむのには1000ペソ(約2400円)あれば十分楽しめます。まずワンラウンドでバーなどに行っても一人250ペソ程度(約600円)。その後クラブで入場料やドリンクをオーダーしても400ペソも行かないと思います。

楽しみ方によって価格は変わってくると思いますが、もしバーだけ数時間居たいと思うなら、500ペソ未満(約1200円)でも十分になります。あまり大金を持ち歩くというのも危ないですからね。

3. グループで行くほうがもっと良し!

一人、二人で行くよりかはグループで行ったほうが楽しめます。掛ける金額も割り勘などでコストを抑えることができますよね!バーなどは少人数でも十分楽しめますが、クラブなどには知っている人どうして踊ったりすると更に楽しめます。

4. フィリピン人の友人も一緒に連れて行こう。

IMG_1834

日本人同士でも楽しめますが、ローカルで知り合った友人などと一緒に行くというのも悪くはないでしょう!フィリピン人の友人が知るおすすめスポットなどがあれば聞いてみてみるのも良いでしょう。

留学で来ている方はこういう時にも英語で会話をすることで練習にもなるし、何よりも面白いトピックなどを話してくれると思うので、盛り上がること間違いなし?

5.安く行きたい場合はジプニーをうまく活用してみるべし

One of Cebu's jeepneys.

セブシティー圏内であれば、タクシーを使って移動しても安くすみますが、もしマクタン島から来ている方は片道250ペソ以上掛かってしまいますよね。このお金があればレッドホース5本オーダーできちゃう程です。

少しお金を節約したいと思う方はジプニーなどを活用してみると良いでしょう!マクタン島からはSMモール行きのジプニーがあるので、SMモールまで行ってそこからタクシーに乗り込む方法などがあります。

6.少し変わった音楽がいいと思ったらFormoに行ってみよう!

formo

クラブで流れているハウスミュージックはどれも最近の曲ばかりのものです。ナイトクラブに行ってもどれも似たり寄ったりで、何回か行き続けると飽きてくる場合があります。

そんな時にオススメのナイトクラブがバニラッドタウンセンター(BTC)にあるFormoというナイトクラブです。そこでは80年代に流行ったブーギーの曲を使っているので古い曲ですが、結構新鮮な感じになると思います!

7.バーとクラブを楽しみたかったらクロスロードが良し。




セブシティーには色々なバーやナイトクラブがあり、移動が少し困難な場合があったりします。もし夕食を済ませて、ワンラウンドでバー、そしてナイトクラブに行きたいと思っている方は、商業プラザであるクロスロード(Crossroad)に行くことをオススメします!

その理由はレストラン、バー、クラブも揃っているから!一つのエリアに色んなお店があるから便利です。焼肉を食べたあとにカラオケ行って、クラブ行ったり、ブラウニーを食べてからオシャレなバーに行くなんという事もできます。

8.バーで飲み始めるのは9時、ナイトクラブは12時から

IMG_1883

セブシティーの金曜日、土曜日は皆お酒を飲みたがるので、ITパークなどは混んできます。もしバーとナイトクラブを楽しみたいと思っている方は、9時頃にバーに行って午前12時にナイトクラブに行くことをオススメします。

なぜかというと、9時頃ならまだレストランやバーで席を確保することができるからです。更に混み合ってくるのが10時頃。ナイトクラブの場合は大体午前12時が盛り上がりを見せるからです。

9.お酒は出来れば同じ種類のものを飲むこと!

 

フィリピンで販売しているカクテルやビールなどのアルコール飲料は日本に比べて度数が強いものばかりです。ましてやお酒に強い人が多いセブですから、簡単に酔ってしまう日本人が多いと思います。

いっぱいお酒を楽しみたいけど、次の日の二日酔いに自信がない人は色んなお酒をミックスしながら飲むちゃんぽんはやめたほうがいいでしょう。もしビールから飲んだらビールで終わらせたり、カクテルを飲んでいる方はなるべくビールを飲まないほうが良いかもしれません。

10.二日酔いになりそうだったら水をいっぱい飲もう!

IMG_2069


アルコールというのは特殊なもので、飲めば飲むほど脱水症状を起こしてしまいます。これが二日酔いの原因になるので、飲んだあとは水を飲んでから寝ると良いでしょう。

他にも二日酔いにならない方法として、寝る前に何か食べるということです。マンゴーアベニューにいる場合は温かいラーメンがあるチョーキング(Chowking)で食べると良いですよ!

 

セブは色々な楽しみ方があるけれど、お酒の飲み過ぎでトラブルを起こさないようにちゃんと自己管理ができるように楽しみましょうね!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。