the id is 9227

[セブの人達に聞いてみた!] 夏に行きたいお気に入りのロケーションってどこ?

Pocket

焼け付くような暑さを体感していますか?セブも本格的に夏になりました!

38度もする暑さは耐え切れない方も多いかと思いますが、それでも夏が好きになる理由が多くあります。一日に2回アイスクリームやハロハロを食べるのにパーフェクトな時期で、学生さんは皆6月まで夏休みなので、そこまで渋滞もひどくありません。(工事中の道路を除けばですが・・。)

元々一年中夏服で過ごせるセブですが、更に薄着を着たり、ビキニや水泳着を着てビーチに行くというのも良いですよね!

今回はセブの人たちにそんな暑いセブの真夏に行っておきたい、お気に入りのロケーションは何処なのか聞いてみましたよ!

 



3月から6月のフィリピンは一年の中で一番暑い時期で、日本と違い6月から学校をスタートさせるため、夏休みの時期になっています。

pb-beach2

あまり雨も降らず、平均気温は34度の真夏日を実感出来ます。こういう時にビーチへ行くのがオススメなのですが、観光客ではなくセブローカルの人達が毎年の夏に行ってみたいと思う、お気に入りのロケーションというのは何処なのでしょうか?

気になったので、3人のセブに住む人達に聞いてみましたよ!

 

kim-med

もし、私がセブアナ(セブ生まれの女性)では無かったら、セブと答えるわ。でもアイランドパラダイスの他にはタイのバンコクに行くのが私のお気に入り。完璧な感じにアートが混ざっており、文化や、自然、食べ物、ショッピングやナイトライフが楽しみです。

 

活気のある街は色んな文化を見るのとショッピングが大好きな私を誘惑してくれます。観光地でもある寺院に回ったり、数えきれないほどのモールでショップハントするのが好きですね。

 

タイに来たら、バンコクで一番高い建物のルブアでカクテルを楽しむことや、チャオプラヤー川でディナーを楽しむことです。中でもタイの人たちは愛想が良いので、最高に楽しめるはずです!

 

– キムさん、医大生

タイとセブは近くにあるので。セブパシフィック航空などを使って安くタイにも行ける所が良いですよね!セブの後はタイに行く人とかも多いので、東南アジア旅行を検討している人はこういうトラベルプランも悪く無いですよね!

 

vic

息子のエルモを連れて行って私がお気に入りだと思う夏のロケーションはシャングリラ・マクタン・リゾート&スパです。息子との初めての夏はここで過ごしてその後も何回も来るほど楽しんでいます!

 

私のような海好きで、子供と一緒に楽しみたいと思っている方にはもって来いのロケーションなのです。ジェットスキー、カヤック、シートレックのようなウォータースポーツを楽しんだ後はビーチゆっくりしたり、夕方はプールで遊んだ後、夜はエルモをキッズゾーンにあずけて、私はカウリーコーヴでカクテルと食事を友人たちと楽しんでいます。その後サウナやジャグジーで女友達とリラックスするのもね!

 

私にとってこのような夏の過ごし方はとても最高だと思います!

 

– ビクトリアさん、専業主婦

 

子供を持っている方や仕事が忙しい方などはそう簡単に海外などの遠出が出来ない場合がありますよね。

そんな中で便利なのがマクタン島などにあるリゾート。セブシティーから45分の距離で思う存分楽しめる要素があるので、そういう方にピッタリなんでしょうね!

 

kim-vamp

私はミンダナオ島にあるイリガン州のティモガ地区に行くのが私にとってのお気に入りのロケーションです。そこには親族が暮らしているので、毎年の夏はそのロケーションに行くことになっています。

 

ここにあるプールは本当に大きく、セブシティーのアベリアナ・スポーツセンターのプールより2倍あります!プールの水は非常に冷たく、更にこの暑い夏を楽しませてくれますね!

 

– キムさん、モデル

 

エキサイトセブではリゾートやセブ島北部南部のオススメロケーションを紹介して来ましたが、セブの人たちは地元で過ごす人も居れば海外や、別のエリアで夏を過ごすということが多いですね!

東南アジアの旅行でセブを中継地に使う人や、これからセブにやってきたいと思う方は真夏である今が一番オススメです。

まだセブの何処に行くか決まっていない方や、オススメは何処なの?と思う方はエキサイトセブの観光カテゴリビーチ・ダイビングのカテゴリを見てみるといいですよ!

 

(Sharia Berame / 訳: MIKIO)

[ Zerothreetwo | Ask Cebu: What Is Your Favorite Summer Destination? ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。