the id is 9422

[留学生必見] セブで留学するにあたって更に英語力を上げれる8つの方法

Pocket

セブ島は観光のみならず、留学が有名だとこちらの記事でもご紹介したと思いますが、年々日本人留学生が多くなってきています。

日本からそこまで遠くなく、安い価格で英語を学ぶことが出来るセブですが、「正直あまり学べなかった・・。」という方も居ました。学校ではちゃんと教えているのになんで英語力が上がらないのだろう?

そう思う方に、学校やそれ以外の場所で使える英語力を上げる方法をご紹介しますよ!セブにいる間にこの方法を実践してみれば、英語力も上がること間違いなしかもしれません!

 



セブ島留学を検討している多くの理由としては、アメリカやヨーロッパよりも安く留学できる他、東南アジアでも英語を多く使われているフィリピン、住みやすい気候と物価が安いという理由があり、セブ島を選ぶ日本人留学生が多いですよね。

Dawn...

学校も色々あり、留学生に合った学校を選ぶことができる事ができます。「でも。留学学校に来てもあまり英語を学べなかった・・。」という声も聞きます。なぜかというと、学校や現地で上手く英語を活用していないのが一つの理由だったりします。

留学中に上手く英語を活用して英語力を上げるにはどうした方がいいのか、セブ島に居る時に役に立つ実践方法をご紹介しますよ!

 

 

1. 日本語を控える。

s-RIMG4142

留学学校に入ると、同じ日本人とすぐに友達になると思います。もちろん同じ学校の仲間として仲良くなるのは悪くはありませんが、お互い日本人だからって日本語で会話していませんか?

せっかく英語を学んでいる環境に居るのに、母国語を使ってしまうと、留学の意味がありません。お互い英語を学ぶ身としても、英語で会話するほうが勉強になります。

2. 日本人同士のコミュニティーに深く入り過ぎない。

Opposites

前者と同じく、日本人同士だとすぐに仲良くなりますよね。お互い英語を勉強する日本人として共感出来る部分が多く、助け合えますが、あまり深く日本人のコミュニティーに入らないようにすると良いかもしれません。

日本語を使う機会が減るし、講師の友人を紹介してもらい、こっちで現地の友人を作って食事したり、飲みに行ったりするといいでしょう。自然に会話が出来上がるもので、日本人と英語で喋ってる時と、現地の人達と話す時と感覚が変わってきます。

3. 文法はあまり気にしなくても良い。コミュニケーションのキャッチボールを続かせること。

- Despair

英語を使うにあたって、文法などが出てきます。英語を上達するにあたってこれを学ぶことは重要なことです。でも実際に学んだものを会話で実践してみると、難しくなってきたりします。

教科書などの教材を使って学ぶというのは日本人らしい所ですが、外国語を学ぶ時に必要なのはどこまで学べているのかではなく、どこまでコミュニケーションが出来るのか?という所なのです。

会話をしてみると、「この文法であってるのか?」と思ってしまい中々話したり、コミュニケーションを続かせることが出来ない方が居ますが、その考えを無くして、とりあえず「言いたいこと」を言えるようにしましょう。

日本人の英語が完璧じゃなくて良いのです。相手はあなたが日本人だということを解っているから。何が言いたいのかが言えることが一番重要なのです。

4. 解らなかったら、すぐに聞き返す。

parallel shadows

英会話をしている時に、相手が何言っているか解らない時があったりしますよね。解ったふりをしてしまい、思わず「うんうん」と頷いてしまいますが、解らなかったら、はっきりと「I’m sorry, what did you mean?(ごめんなさい、どういう意味ですか?)」や「Pardon?」、「Excuse me?」、「Sorry once again?」= もう一回言ってくれますか?と聞くようにしましょう。

相手がうっとうしく思うことは無いので、安心して聞いてみると良いでしょう。分り易い英語に直してくれる事もあるはずです。

5. 新しい単語はメモして、次回に活用してみる。

Think

会話などをしている時には新しい単語が出てくるもの。気になる単語が出てきたらメモなどをして、辞書で調べてみてください。意味がわかったら次は自分が使ってみると良いでしょう!

新しい単語を会話で使えば使うほど、流暢な英語になってくるはずです。辞書で調べてスペルも覚えるので、会話だけではなく、ライティングにも利用してみるといいでしょう。

6. 英語の映画をいっぱい観る。

Alone in a Movie Theater

フィリピンは日本でまだ公開されていないような最新のハリウッド映画が安い価格で上映されています。吹き替えや字幕で慣れている方は、一度英語のみだけの映画を見てみると良いですよ!

リスニングにも慣れるし、同時に映画を見れるので、一石二鳥!解らなかった部分はインターネットなどで英語の解説を読んでみると飲み込めると思いますよ!

7.興味のあるトピックを英語で読んでみる。

20:366(Y2) - Kindred Spirits

リーディングをする時、興味のない文学だとどうしても読む気になれない場合がありますよね。趣味はありますか?自分の持っている趣味に関連した英語のマガジンサイトや雑誌、本などを読んでみると良いでしょう!

自分はWiredのマガジンサイトが好きなのですが、オリジナルである英語の記事と日本語訳された記事を合わせて読む場合もあります。こういう活用方法も悪くありません。

8.会話を恐れない。とにかくいっぱい話す!ジョークをする!

laughing

3,4番で書いてあったように、「分からないかも、話せないかも」という先入観がある方は、それをまず捨てましょう。怖がっているだけじゃ、会話ができません。文法が完璧でなくても、英語で話すコミュニケーションを続かせるようにしましょう。

先生や、現地の友達は英語が間違ってたり、解らなかったりするとフォローをしてくれるはずなので、安心です。英語でジョークが出来る様になるのも1つの手です。難しいアメリカンジョークじゃなくても、最近起きた面白い出来事を面白おかしく英語で共有できるようになれば十分の上達になります。

笑いを作ることが出来たら、新しいトピックが出てくるし、後はうまく会話を続かせるだけです。

新しい友人が出来るようだったら、シャイにならず簡単に自己紹介をしてお互いのことを聞いてみると良いでしょう。話し始めると、会話のトピックはノンストップになるはずです。

 

日本人が上手い英語を話すのはもちろん難しいことかもしれませんが、セブという環境をうまく使うことが出来れば、英語力が上がる場合も多いのです。これらを上手く実践できた「留学生は英語での会話が楽しくなった」と言っています。

セブの英語は独特なアクセントがあったりして、完璧な英語とは言えませんが、それは日本人でも同じ事。アクセントや文法が少し違ってたとしても、セブの人達は英語でのコミュニケーションはちゃんと成り立っています。

ライティング、リスニング、スピーキングの中で一番最初学んでおきたいのがスピーキング。うまく話せれば、うまくリスニングができるし、その後は続いてライティングも上手くなるからです。

短期留学などの時間が少ない方も居るかとは思いますが、この8つの方法をうまく実践出来るようになれば、英語力も上達できるかもしれませんね!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。