the id is 8148

セブでダイビングを始めよう!ダイビングのブランドって何があるの?

Pocket

皆さんこんにちは!ひろです!

さて、前回のダイビング器材の紹介に次いで、ダイビングにはどんなブランドがあるのかを紹介していこうかと思います。セブでダイビングを始めよう!シリーズは、ダイビングをしてみたい、挑戦してみたい!という人に向けて書いています!

ダイビングは少し敷居が高くて、取っつきにくいかもしれませんが、そんな不安を取り除こう!という企画でもあります。



 

気が付けば更新数も大分増えてきました。ダイビングに関する記事もいつかまとめてみたいと思っています。

さて、今日はタイトル通りです。「ダイビングのブランドもしくはメーカー」について紹介していこうと考えています。前回のダイビング器材の紹介ページと併せて見てもらえれば、と思います!

いくつかメーカーが有りますが、今回は自分が良く見る三つのメーカーをご紹介します。

1、アクアラング

スクーバダイビングをの中でも、特に日本では有名なメーカー。既に約60年以上もの歴史を誇るメーカーであり、日本国内ではアメリカの紹介で一気に広まった。

かつての日本ではスクーバダイビングの事を「アクアラング」と呼ぶ人がいたという程、浸透率は高かった。

現在では、マスクからフィンなどの軽器材からBCDなどの重器材、アパレルなども作っている、ダイビング界では老舗のブランド。

Happy My Birthday!

 

アクアラングホームページこちらから。

 

2、マレス

筆者が個人的に一番好きなメーカー。ウエットスーツにフィン、メッシュバッグなどもマレスで揃えています。今後はBCDやレギュレータ―もマレスで買う予定です。

ディド・ルドビゴ・マレスが創業したのは約50年程前。イタリアの小さな工房から始まったこのメーカーは半世紀を経た今、世界のダイビングシーンを引っ張っていく会社にまで成長しました。

「革新・信頼・創造」の三つを核として、新しいモノを作り続ける挑戦、厳しい品質チェック、機能性と美しさを、昔と変わらずに受け継いでいる、イタリアのブランドです。

735703_408420635905448_1198269824_o

マレスジャパンのホームページはコチラから。

 

3、スキューバ・プロ

1960年代の創業当初から、今もなおダイビング業界に製品を提供し続けている、老舗ブランドです。現在では四大陸13ヶ国の17拠点で400人以上の従業員を擁していて、世界各地で活躍しています。

Johnson Outdoorsの子会社にあたるスキューバプロは、1987年に最初のダイブコンピュータ「Aladin PRO」を発売1965年には初代ジェットフィンが登場するなどして、全世界のダイビングプロダクトのトップを走り続けています。

精巧な造りと美しいまでの機能美で全世界のダイバーを魅了し続けています。

scuba-diver1_4

以上、三つのメーカーを取り上げてみました。他にもTSUSAなど様々なメーカーがありますが、今回は主要なメーカーだけの紹介です。

また機会があったら、他にも紹介していこうと思います!

今回の記事はどうでしたか?次回の記事で会いましょう!

(ひろ)


Pocket

hiro

ライターについて:

ボランティア、現地大学(サンカルロス大学)を経て、現地の旅行会社に勤める事になりました。今までの目線は変えず、フィリピン人のローカル目線、日本人観光客、セブ在住者として、ローカル記事から観光記事など幅広く記事の提供を努めさせていただきます!