the id is 6279

セブに来たら行っておきたい魅力の島! – カモテス島

Pocket

セブには数多くのリゾートがあり、ビーチやウォーターアクティビティを楽しめますよね。ボホール島ジビットニル島スミロン島オスロブなど遠出でもっと楽しめるセブのエリアもあります。今回紹介するのもその一つのカモテス島(Camotes Island)です!

ローカルの人からも人気で、セブに住んでいる人には知らない人はいません。カモテス島はセブから少し東に位置しています。人気の理由は白いビーチと冒険心くすぐってくれるアイランドアドベンチャーを楽しめるから。

仕事に追われて週末はゆっくりリラックスしたいと思う方にもパーフェクトなロケーションなんですよ!





私にとってカモテス島はナイトライフ、レストラン、ハイエンドなホテルがないボラカイの様なもの。何が言いたいかというと、カモテス島では綺麗なビーチがあるという事。奇麗な海で一日を過ごしたいと思う方にはもってこいのロケーションです。

カモテス島自体初めて聞いた・・。という方もいるかもしれません。そういう方にカモテス島を楽しめる情報をシェアしますよ!

どうやってカモテス島に行くの?



カモテス島には高速船、大型のバンカーボート、フェリーなどの客船を使っていく事ができます。高速船のオーシャンジェット社(Ocean Jet)ではセブでも一番速い高速船のゴールデンエキスプレス(Golden Express)というのがあり、カモテス島からマンダウエ市にあるオウアノ波止場(Ouano Wharf)を毎日航海する高速船があります。乗船料は片道400ペソ(約800円)です。

バンカーボートで行く場合は、セブシティーから45分の位置にあるダナオから出発します。乗船料は300-400ペソで、2時間で行く事ができます。



フェリーでも行く事ができますが、高速船やバンカーボートなどよりスケジュールで航海することが無いため、ここでは高速船を使うほうがオススメします。

カモテス島に着いたら、トライシクルがあるので、それに乗って行きたいリゾートに向かうといいでしょう。もしグループなどの大人数だったら、ジプニーやマルチカブ(軽トラックをジプニーに改造した乗り物)を貸しきる事が出来ます。

どこに泊まればいいの?


カモテス島には多くのリゾートがあり、到着したらそれぞれチェックしてみるというのもいいでしょう。ちなみにカモテス島にあるリゾートで有名なものはサンティアゴベイ・ガーデン&リゾート(Santiago Bay Garden &Resort)マンゴドロングリゾート(Mangodlong Resort)という所。

安いという所も魅力的で、一人一泊1000ペソ(約2000円)で泊まれるホテルもあります。

私が行った時は友人がカモテス島に持っているビーチハウスに止まることが出来たので、特に宿泊代などは出ませんでした。

この様にビーチハウスも貸し出しができる所もあるので、こういう使い方も良いかもしれませんね。



ちなみにビーチハウスでは最高15人まで泊まることが出来るそうで、ビーチパーティーなんかするというのも良いでしょう!

カモテス島に来たら何をすればいいの?



ダナオのように海沿いには多くの崖があり、Buho Rock(ブホロック)というエリアがあり、2ペソ(約4円)払うだけで、崖から爽快にジャンプしたり、海水が中まで入っている洞窟の中に遊んだり、小さなバンカーボートに乗って地元の漁師さんが魚を取るところを見たりする事が出来ます。



もう一回言いますよ、2ペソ払うだけでこんなに楽しめちゃいます!

先ほどグループで来るときにジプニーを貸しきると良い。と言いましたが、ジプニーのレンタル料は1500ペソ(約3000円)です。



ジプニーには10-12人搭乗することができて、ジプニーの運転手はガイドにもなってくれるから問題はなし。送迎も同じドライバーがやってくれるので安心ですね!

カモテス島への詳細はcamotestresorts.com.phtourcamotes.comをチェックしてみるといいでしょう!

(Steph Senires / 訳:MIKIO)

ZerothreetwoCebu’s Best Kept Secret – Camotes ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。



Ads Open