the id is 6449

お菓子にもちょうどいい?50ペソ未満で食べられる美味しい15の食べ物

Pocket

食べることは幸せ!高いレストランで食事するのもいいけど、意気揚々な感じもするかも。セブは物価が安いこともあり、多くのレストランが日本人にとって簡単に手が届きますよね。でも50ペソ未満で美味しい食べ物を食べれるバジェットミールなんかもあります。

セブの人達がよく利用するバジェットミールを15個リストアップしてみたので試してみてはいかが?



 

日本人にとって一人250ペソの料理は日本円で約500円するので、とても安いと感じられますよね。でもローカルの人達にとっては1食250ペソは高いと思う人が多いです。そしてフィリピン人は安い価格でいっぱい食べられるという考え方を好むので、50ペソ(約100円)未満で買える料理が人気です。

ガッツリ食べれるものもあれば、小腹やお菓子にちょうどいい物、フィリピンにしか無いも、セブにしか無いものなど色々あります。

今回紹介するのはセブで50ペソ(約100円)未満で食べられる美味しい食べ物を紹介しちゃいますよー!いくつかエキサイトセブでも紹介したことのある料理もあるので、あわせて読んでみるといいでしょう!

1.シュウマイとプソ。



フィリピン人は中華料理が大好きと言いましたが、セブのバジェットミールの王道はやはりシュウマイ。1個8ペソから食べられるシュウマイにセブにしか無いバナナの葉で巻かれたご飯のプソを一緒に手を使って食べます。シュウマイの中でもセブのB級グルメ、ティサのシュウマイは一番人気です。

ティサのシュウマイの記事はこちらから

2. ラーシャン・バーベキューとプソ。



フィリピンと言ったら赤いバーベキュー。バナナケチャップに漬けてあるのでこんな色になっていますが、味は美味しいですよ!また日本と違ったバーベキューで楽しめること間違いなし!セブでバーベキューだけしか売られてない屋台村のラーシャンという所もチェックしてみるといいでしょう。ここでもプソが販売されてあるので、それと一緒に食べます。

バーベキューしか売られてないラーシャンの記事はこちらから

3.ギナボットとプソ



セブのローカル度MAX!セブにしか無いストリートフードのプンコ=プンコの人気料理、豚の腸を揚げたギナボット(チチャロン・ブラクラク)をプソと食べます。美味しいけど、ものすごく脂っこいです。超ストリートフードなので、自己責任で!プンコ=プンコを食べてみた記事はこちらから

4. ヌーヨングとプソ



大学生に人気の料理。ココナッツミルクと野菜が入った揚げ春巻き。でもその姿は普通の春巻きのような形ではなく、細長い天ぷらのようです。1本6ペソから食べられる事もあり、生徒たちに人気の料理です。

5.バイブスのポークチョップとライス

フエンテ・オスメニアの近くにあるセブドクターズ大学病院(Cebu Doctor University Hospital)の近くにあるバイブス(Vibes)というお店にあるポークチョップは試したほうがいいですよ!ソースが美味しいそう。

6.タガラ・チキンバタフライのチキンとプソ



フィリピンで一番歴史の長い大学と言われているサンカルロス大学のタランバンキャンパスの近くにあるタガラ・チキンバタフライ(Tagala Chicken Butterfly)というお店のフライドチキンはチキン好きにはたまらない味と、カリカリな衣が人気だそうです。

7.エンジェルズバーガー



セブにも多くのハンバーガー屋さんがありますが、ローカルのハンバーガー屋のエンジェルズバーガーなんていかがでしょうか?1個買えばもう1個無料で付いてくるBuy one Take One(バイ・ワン・テイク・ワン)があり。お得感があります。お菓子にもオススメ。同じハンバーガー屋さんのミニッツバーガーの記事はこちら

8. Matias’ Inatoのバルバクア

バルバクア(Balbacua)というのは牛の煮物の事。マンダウエのA.Sフォーチュナ通りにあるMatias’ Inato Food Haus(マティアス・イナト・フード・ハウス)のバルバクアはセブでも一番美味しいとか。

9.チョーキングのチャーハン



フィリピンで人気のファーストフード中国レストランのチョーキング(Chowking)Chaofan(チャーハン)は安い上、シュウマイ用のチリソースを上に乗せると更に美味しくなります。これだけでも十分お腹いっぱいになるかも。

10.ピザハットのバイ・ワン・テイク・ワンピザ



モールなどに行くとピザハット(Pizza Hut) の小さなブース型の売店があったりします。フレーバーは大抵2週類ですが、1枚買ったらもう1枚付いてくる形で売っています。映画館でポップコーンを食べるのに飽きた方はこちらにしてみると良いでしょう。

11.マクドナルドのマックセーバーミール



マクドナルドでは日本の100円マックの様な節約型のセットがあります。チキンフィレオにライス、そしてドリンクが付いてピッタリ50ペソ(約100円)です。

12.ジョリビーの39ers



あの赤いハチのジョリビーも負けません。39ペソだけでライス付きのセットミールがオーダ可能です。かなりお得感があります。ただし平日だけなので仕事している方にはオススメです。

13. Sizzling Plateのスパゲッティーミール

このSizzling PlateはSMモールのフードコートで見かけることができます。ステーキなどを販売しているお店ですが、スパゲッティーミールがオススメです。試ししてみるといいかも!

14.シャワルマ



セブに来たら何処にでもシャワルマを見かけることが出来ます。モールなどでは販売ブースにあるので、モールを歩きながら食べるというのも良いかもしれませんね!ご飯とミックスしたシャワルマライスというのもあるので、あわせてチェックしてみてください。

15.バロット



フィリピンの仰天料理の一つのバロット。賛否両論の料理ですが、フィリピンに来たら食べてみる価値はあるかも?

以上50ペソ未満で食べられるセブの料理をご紹介しました!どれも美味しい料理ですが、今回ここで紹介する料理の中には日本人の体にあわない物もあるかもしれないのでその際は自己責任でお願いします。

勉強や仕事でお腹が減った時や、飲んだ後のシメで食べるのもオススメだったりするので、ぜひこのバジェットミールを試してみるといいでしょう!

これに慣れれば250ペソの料理も高く感じるかも?

(Shaira Berame / 訳:MIKIO)

[ Zerothreetwo15 Food Below PHP50 ]


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。