the id is 5958

ペソを上手に使いこなそう!旅行や留学に役立つフィリピンのお金の話。

Pocket

 

世界には多くの金種がありますよね。

ドル、円、ウォン、ユーロ、ポンド、ルピア、バーツ、リラなど・・・・

一体全部で何種類位あるのか気になりますね。

 

ところで、皆さんフィリピンのお金をご存じですか?

今回は旅行や留学に役立つ「フィリピンのお金」についてご紹介したいと思います!



 

早速ですがこの下の画像、一体何だと思いますか?



 

見た目はアルファべットの「P(ピー)」に見えますが、アルファべットのPではありません。

 

実はこれ、「Peso(ペソ)」と言って、フィリピンの通貨記号なんです。

日本でいう「¥(yen)」ですね。

 

「フィリピンペソ」は、フィリピンの通貨単位です。補助通貨はペソの1/100の「センタボ」と言います。

紙幣の種類には1000、500、200、100、50、20ペソがあり、硬貨には10、5、1ペソ50、25、10、5、1センタボがあります。

しかし、50、10、5、1センタボはあまり使われていません。センタボは切捨てされることが多く、実際持っていても利用する場面があまりないです。

 

こちらがペソの紙幣。日本と比べるとカラフルですね。



 

最近では新紙幣が発行され、現在は旧紙幣と新紙幣の両方が流通しています。

こちらが新紙幣。以前よりもっと色が鮮やかでキレイですね。



 

2012年10月27日現在、1ペソ1.93円です。

 

両替は空港内、ホテル、市内の銀行や両替所で円やドルから両替をすることが出来ます。

一般的には空港内やホテルでの両替はレートが悪く、市内の両替所はレートが良いとされていますが、セブは空港内のレートもそれほど悪くありません。

ただ、帰国時に余ってしまったペソを再両替する場合は換算レートがかなり悪いので、必要なペソだけをこまめに両替されると良いと思います!



ショッピングモールでの両替を紹介している記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ところで、お金をフィリピンペソに換金すると、1000や500ペソばかりもらうと思います。 日本円にしたら1000ペソは約2000円くらいですが、現地の人からしたら結構な大金なんです。

だから、スーパーやタクシーなどでよく“お釣りがないから使えない”と言われてしまいます・・・

大きなお金はスーパーやモールで使えることが出来るので、その時になるべく小さくくずすようにしましょう!

 

 

うまくペソを使いこなして、セブを満喫しましょう♪

 

(SHIHO)


Pocket

shiho

ライターについて:

以前セブを訪れた時にセブの魅力にハマってしまい、現在は現地旅行会社で働いています。海、人、文化、食べ物、自然、ショッピング・・・セブはたくさんの魅力に溢れています。そのセブの魅力をこのExcite Cebuを通してたくさん紹介していきたいと思います。また、皆さまの旅が快適な旅となるような情報や、現地の人しか知らないようなローカル情報までたくさん紹介していきます。