the id is 5226

[何で?]フィリピン人はクリスマスを早いうちから楽しみにしてるの?

Pocket

エキサイトセブで新しいコーナーをスタートしました。その名も「セブ、フィリピンって何で●●なの?」。

素朴な疑問や何でフィリピンやセブでこんな事が行われるの?という質問、もしくはエキサイトセブが思った疑問を紹介していくコーナーです。

今回は第一弾!9月下旬なのにモールなどに行くと何でクリスマスソングが流れたり、クリスマスの商品が既に売られているのでしょう?まだハロウィンがあるはずなのに!と不思議に思うことはありませんか?

クリスマスまでまだ約3ヶ月ほどあるのに、なぜフィリピン人はそこまでクリスマスを楽しみにしているのでしょうか?なぜなのか調べてみました!





海外で10月のイベントと言えばハロウィン!お化けやホラー物に変装するものや、アニメキャラクターや映画キャラクターのコスプレ。警察官やパイロットなどの職業にになりきって仮装したり、大きなイベントですよね!

特にこの時期はそのハロウィンのために多くのハロウィングッズが販売される時期なのですが、フィリピンに来るとモールになかなか無い・・。しかもその代わりサンタクロースやクリスマスツリーなどのクリスマス関係の商品が売られています。何ででしょう?

それはフィリピンにある宗教の背景から来ています。

フィリピンは1521年にマゼランがセブに来た時から始まったスペイン植民時代の影響でキリスト教が布教されました。そのためフィリピンでは400年も続くキリスト教国家になっているのです。

ミンデナオ島などイスラム教が多いエリアもありますが、国民のほとんどがカトリック教徒。



元々、ハロウィンは10月31日にアメリカやイギリス、オーストラリアなどの北米、オセアニアなどで活発になったイベントでプロテスタント教徒が始めたもの。

フィリピンなど、カトリック教徒を信仰している他の国では、次の日の11月1日にある諸聖人の日(All Saints Day)というカトリック教徒の祝日があり、全ての聖人と殉教者を記念するを祝うのですが、プロテスタントの場合、宗教改革の後この諸聖人の日を祝わなくなったので、北米ではハロウィンの行事が強くなったというわけ。

そのため、カトリックではハロウィンがキリスト教の行事ではないため、行わない国が多いのです。フィリピンもそのひとつになりました。



ハロウィンよりもキリストの誕生がイベント的に大きいのと、その宗教的な背景のため、ハロウィンのイベントを飛ばせるようにとクリスマス関連の商品など9月下旬から発売されるようになったのもそのためです。

クリスマスはフィリピンで最も重要なイベントの一つで、親族や友人を集めて盛大に祝います。中でも欠かせないイベントなので、早いうちにいろんな準備をしている人も多いです。



アヤラモールやSMモールでは10月下旬辺りから大きなクリスマスツリーを見かけると思います。場所によっては2月までクリスマスツリーを飾っているところも

フィリピンでは別にハロウィンを禁止しているわけではなく、バーやレストラン、学校などでも10月31日前後にハロウィンのイベントが行われます。特にナイトクラブなんかはチェックしてみると仮装している人が多く面白いですよ!



フィリピンは世界中でもクリスマスを楽しみにしている国なのかもしれませんね!

フィリピンもしくはセブの素朴な疑問などがありましたら、是非エキサイトセブに質問してみてください。リサーチして記事にしてお答えしますよ!こちらのお問い合せフォームから質問してくださいね!

 

(MIKIO)

Photos: foter.com


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。



Ads Open