the id is 3769

セブをもっと楽しむために知っておくと良い、安全面の7つのこと。

Pocket

エキサイトセブは毎日のようにセブの魅力を配信しています。

お分かりの通り、セブは本当にいいところで、青い海やマニラより天候が安定していたり、美味しい物いっぱいあったり、英語留学でも人気ですよね!

でも海外に行くといつも危険はつきもの。セブも同じです、初めてセブに来る方や、セブへ行こうと思っている方に、安全面について知っておくといい7つのことを作ってみました。

あ、もちろんセブに居る方にも役に立つ情報なのでチェックしてみてね!

1.タクシーは常にメーターで。

タクシーはセブ島を移動するには便利の交通機関です。最近は減ってきたようですが、英語やセブアノ語を理解できない観光客を利用して、運賃を多く取ったり、メーター無しで運転する場合があったりします。

まず、メーター無しでのタクシー運転はフィリピンでの法律違反なのと、運賃を騙されないように、メーターがオフになっている時や、メータに初乗り運賃の「40.00」と表示されていない場合は必ず「メーター・プリーズ(Meter Please)」と言うようにしましょう。

ドライバーによっては拒否される場合もありますが、強く言えばつけてもらえます。それでもダメだったら、別のタクシーを見つけるほうが良いでしょう。

夜のマクタンに行く場合、タクシー運転手によっては「20-50ペソ足してくれないか」と聞かれるときはありますが、それくらいならOKにしましょう。夜のマクタン島はタクシーに乗るお客さんがあまり少ないので、運転手が損する場合が多いからです。

 

2.大切な物はあまり見せびらかさないこと

日本の携帯電話や、iPhoneなどのスマートフォン、携帯ゲーム機や財布などはあまり路上で見せびらかさないほうが良いです。スリの標的になってしまうことがあるので、注意しましょう。

モールやIT Parkなどは比較的安全ですが、それ以外は通話やメッセージの送受信以外はあまり取り出さないほうが良いでしょう。

 

 

ノートPCなどもモールや喫茶店で使う場合は良いですが、それ以外の場所では注意するといいでしょう。

ジプニーの中でも同様です。

こちらの記事でも紹介されているように、ジプニーでは小銭での支払いが多いので、1回ジプニーに乗るのであれば、20ペソ用意しておけば大丈夫でしょう。

同じように携帯電話は取り出さないほうが良いです。

 

 

3.物をなくしたら、絶対戻らないということ。

フィリピンは他の海外と同じく、比較的落し物をしたら、その落し物が戻ってくることはありません。

日本の対応がとてもいいだけなのです。

 

 

パスポート等はホテルの金庫の中に入れたりして持ち歩かないことにしましょう。携帯電話や財布は前ポケットやバッグの中など解りやすいところに入れとくと便利です。

財布も大金を持ち歩かず、万が一無くしたとしても、バックアップ用にいくらか別の所に入れとくと良いかもしれませんね。

使い方によりますが、セブシティーを観光するだけであれば、2000ペソ以内でも十分だったりします。

 

 

 

 

4.コロン通りは一人で出歩かないこと。

コロン通りはこちらのサイトでもいろんな記事を書いてきました。コロン通りは非常にいろんな魅力のあるところですが、こちらのサバイバルガイドに書いてあるように、出来れば一人で行かなようにしましょう。

ダイビングのようにバディーシステムで行けば、もっと楽しめますよ!

 

5.夜は歩かない方がいい。移動はタクシーで!

セブシティーの夜は楽しいです。美味しいバーやクラブなどがいっぱいあり、楽しみ方も多いと思います。ナイトクラブ巡りなんで一夜でも出来たりしますから、色んな楽しみ方があると思います。

場所も近い同士で徒歩でも行けそうな距離だったりしますが、夜のセブシティーの移動はタクシーをオススメします。

例えばIT Parkのレストランから、パンプ(Pump)というクラブに行きたい場合は歩いて15分ほどの距離ですが、大通りを通ったりローカル地区を歩くことになるのでタクシーでの移動のほうが安全ですよ!

 

6.クラブの多いマンゴーアベニューではスリに気をつけること。

エキサイトセブでも今、一番人気のあるナイトクラブのAlchologyをご紹介しましたが、Alchologyのあるマンゴーアベニューはセブシティーでもダウンタウンの近くの場所です。

スリなどが多い場所でもあるので、常に大切な物は身を離さないようにしましょうね!

 

7.お金関係の相談には気をつけること。

フィリピン人は性格が穏やかで、すぐにフレンドリーになれたりします。でも仲良くなると、家族や恋人などのプライベートな話になることが多いです。

すでに仲の良い友人なら良いかもしれませんが、初めて会った人から「私の身内が病気なの・・」という感じでお金の相談をされたら、要注意!

トランプ賭博詐欺なんていうのもあります。日本でも同じだと思いますが、知らない人にはあまり信じ過ぎない様にしましょう。

 

セブに来たらこれらを絶対すべき事ではありませんが、初めてセブに来る方はこの事を頭に入れておけば楽しめるはずです。

起きた後よりも、起きるかもしれないと言うことを予想していたほうが、防犯や安全の意味でも役に立ちますからね!

ツアーガイドに載っていないような魅力をこのエキサイトセブでいっぱい紹介していますが、まだこれだけではありません。

この魅力のあるセブ島をもっともっと楽しめるように、これからも使えるようなテクニックやガイドを紹介していく予定なので、ぜひチェックしてくださいね!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。