the id is 1289

おすすめ中国料理レストランの「Harbor City」

Pocket

フィリピンはマレー系の国ですが、中国から近いということもあり、中国系の人や文化、食べ物などがいっぱいあります

その関係でチャイニーズ・ニューイヤー(旧正月)の祝い方もすごくて、フィリピンでは中国系の文化がいっぱいです。学校によっては中国語を教えているところもありますからね。

中国料理店はフィリピンでも多いですが、セブにしか無い「Harbor City」というレストランを紹介します。SMモール、アヤラモール、マクタンのマリナモールにあります。



中国っぽい内装でそれなりの雰囲気があります。

 

メニューも豊富で、表は色んな焼売や揚げ春巻き、酢豚などのおなじみの料理。裏のメニューを見てみると麺物やチャーハン、以前こちらの記事でも紹介したセブのご当地料理の「ポークスチームライス(Pork Steamed Rice)」などのメニューがあります。

 

今回は酢豚(Sweet and Sour Pork)、と揚げ春巻きを単品でオーダーしました。

 

小皿に盛られて、焼売などは一品50ペソから。





焼売にもベーコン焼売やエビ焼売など色んなバリエーションの焼売があるので試してみるのもいいでしょう。

ちなみに日本では焼売のことを(shu-mai)と発音しますが、フィリピンの場合はちょっと違っててショーマイ(Siomai)と発音するんですよ!

 

そしてメインディッシュの「Hot Pot」。





その名の通り「熱い鍋」料理ですが、具の下にたっぷりご飯が入っているのでどちらかと言うとどんぶり物のような感じです。上から醤油ベースのソースを掛けて食べます。

ものすごく熱いので舌を火傷しないように!

 

見た目によらず結構量あるんです。しかもすごく美味しい!

このHot Potだけで十分満腹になれます。価格も110ペソから。

 

SM モール地下1階、アヤラモール3階にこの「Harbor City」があるので是非行ってみてくださいね!

 

(MIKIO)


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。