the id is 1115

セブのナイトライフを楽しもう!タガイとオススメのレストラン・バー、ナイトクラブを紹介!

Pocket

土曜日です!セブの楽しみ方の一つとしてナイトライフがあります。

 

特にセブに人たちは皆お酒好き!フィリピンのビール、ピルセンやサンミゲルライト等を製造しているサンミゲル社セブ発祥の会社でもあります。

セブで一番飲まれているお酒はサンミゲルのレッドホース。マニラはサンミゲルライトとかが有名だけど、こっち来るとレッドホースが人気です。

 

仲間同士で飲むときもセブ独特のカルチャーがあるの知ってました?その事とセブの夜を楽しめるオススメのレストラン・バーをご紹介したいと思います。



日本でも会社同士の人と飲むとき、お酒を注ぐ作法みたいのがありますが、セブでは「Tagay(タガイ)」という飲み方でセブの人たちは仕事仲間や友人たちとお酒楽しんでいます。

 

Tagay(タガイ)というのはひとつのグラスを使って、仲間と回して飲みます。常にお酒を注ぐ人が居て、一人飲み終えたら、次の人が飲む。という感じで飲んでいきます。



自分も昨年からセブローカルの友人が増えて一緒にお酒を飲む機会が増えてきたのでタガイスタイルで飲んでいます。飲んでいるといっぱい話すようになるし、いっぱい話すと喉乾くのでタイミングよくお酒の順番が回ってきて、このスタイルが好きです。


セブに来たら、複数のレッドホースの瓶がバケツに入ってセブの人たちが集まってグラス一個で飲んでいる姿を見かけることでしょう。

 

 

セブのナイトライフは何処がオススメ?

夜の楽しみ方は人それぞれですが、自分がおすすめするレストラン・バーやナイトクラブをご紹介しますね!

 

Mooon Cafe

メキシコ料理のレストラン。アヤラモールやIT ParkのThe Walkにあります。料理はお手頃だし、ドリンクメニューも豊富です。ビールとおつまみのセットやカクテルのピッチャーもあります。オススメなドリンクはモヒート

 

 

 

 

 

Pier One Bar and Grill

フィリピン料理と海鮮料理がメインのレストラン。IT Parkとパークモールにあります。同じくお手頃の価格でメインディッシュの料理の量は結構多いです。チキンスープ一つで2−3人分はいけますね!午後10時からはバンドの生演奏を聞けます。

 

 

 

 

 

Ila Puti

色んな料理を揃えているレストランです。料理は250ペソからしますが、すごく美味し、見た目もカラフルです。自分はBeef Stroganof(ビーフストロガノフ)やSakana Tempura(サカナテンプラ)が好きです。カクテルも美味しいですよ!

 

 

 

VUDU

Crossroads(クロスロード)という商業エリアにあるナイトクラブ。入場料300ペソで1フリードリンクがもらえます。トランスミックスの効いた音楽を流しています。雰囲気が良いですよ。よく自分が行っていたところです。

 

 

 

Loft / Penthouse

IT Parkにあるナイトクラブ。雰囲気はVUDUと似たような感じで、入場料も同じく300ペソ。IT Parkにあるので、VUDUより人が多いと思います。

IT Parkにある別のお店で飲んだ後にPenthouseに行くとナイトライフを2倍楽しめますよ!

 

 

Formo

トランスミックスの効いた最近の曲じゃなくて、80代のディスコの曲のほうがいいと思う方はFormoに来てみて!アース・ウィンド・アンド・ファイアーの「September」クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」等、70、80年代に流行った曲を良い感じにミックスした音楽が流れています。自分もVUDUやPenthouseに続き好きなクラブです。

 

 

 

 

 

 

他にも色んな所がありますが、オススメのレストラン・バーを3つ、ナイトクラブ3つここで用意してみました。初めて来る方はこの6つのロケーションに行って損は無いでしょう。

 

お酒の飲み過ぎに注意してセブの夜を楽しんでくださいね!

 

(MIKIO)

 


Pocket

mikio

ライターについて:

マクタン島にある映像専門学校を卒業後、セブ島が好きになりそのまま滞在。既に7年目になります。セブシティにあるDreamLine Productionsという制作会社でチーフクリエイティブ・オフィサーを本業としていますが、エキサイトセブではセブシティやローカルライフを中心とした記事を書いています。



Ads Open